スイス旅行はSwissByTrain.JP

スイスの公用語

スイスではドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語と4つの公用語を定めています。 使用する人口が最も多いのがドイツ語で約6割、次いでフランス語、イタリア語、ロマンシュ語となります。

地域で異なるスイスの言語

地域によって使用する言語が異なるのが特徴で、ドイツに近い北部から中部にかけてはドイツ語を話す人が多く、西部のフランス寄りではフランス語、イタリアと国境を接する南部の一部地域ではイタリア語圏となっています。ロマンシュ語は南東部に位置するグラウビュンデン州でごくわずかに聞かれる程度です。

スイスドイツ語

一言でドイツ語と言ってもスイスのドイツ語には特徴があります。日本にも方言があるように、スイスのドイツ語圏で話されているドイツ語もひとつの方言です。

さらにスイスドイツ語にも、バーゼル方言、ベルン方言、チューリヒ方言、ウーリ方言、ツーク方言、ザンクトガレン方言、ヴァリス方言などさまざまな方言として区別されています。

スイスドイツ語はドイツで話されている言葉とは、発音や語彙に差があることから、同じドイツ人には理解でいない場合があります。ドイツの標準語は高地ドイツ語と呼ばれています。

フランス語

スイスで話されているフランス語は、フランス国内のものと大差ありません。 観光地ではジュネーブ、ローザンヌ、シャモニーといった街がフランス語圏になります。

イタリア語

南部のロカルノやルガーノといった街がイタリア語圏に属します。日本からのスイス観光でイタリア語圏に入る観光客は多くありませんが、ベルニナ急行の始発駅でもあるティラノはイタリアの街です。