スイス旅行はSwissByTrain.JP

スイスと日本の時差

スイスと日本の時差を分かりやすく解説

スイスの時差

スイスと日本には8時間の時差があります。 日本ほうが8時間進んでいますので、日本が朝10時のときスイスはまだ深夜の2時ということになります。スイスと日本の時差はマイナス8時間と表現します。逆にスイスからみれば日本とお時差はプラス8時間とも言うことが出来ます。

サマータイム期間の時差

スイスでは毎年3月最終日曜から10月最終日曜まではサマータイム(夏時間)を採用しています。 このサマータイム期間中は時差が7時間となります。

中央ヨーロッパ時間

スイスは協定世界時(UTC)から1時間進んだ中央ヨーロッパ時間(UTC+1)を採用しています。 同じ中央ヨーロッパ時間の国には、周辺国のフランス、イタリア、ドイツ、オーストリアがあります。 またスペイン、ノルウェー 、デンマークなどの多くのヨーロッパ諸国と同じ時間帯となっています。

イギリスとは1時間の時差がありますので、ロンドン経由でスイスに入国する際には、時差に注意が必要です。

時差の計算方法

では実際に時差を計算してみましょう。

日本時間からスイス時間を計算

通常期間の例
日本が午前10時ならスイスは午前2時
計算方法は10-8=3
サマータイム中の例
日本が午前10時ならスイスは午前3時
計算方法は10-7=3

スイス時間から日本時間を計算

通常期間の例
スイスが午前10時なら日本は18時
計算方法は10+8=18
サマータイム中の例
スイスが午前10時なら日本は17時
計算方法は10+7=17

参考サイト

日本とスイスの時差 LOCALTIME.JP